男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

リハビリの減算規程(100分の90)が2016年10月1日から適用開始。要介護被保険者。

すっかり忘れていましたが、要介護被保険者に対するリハビリの減算規程(100分の90)が開始になりますね。

慌てて医事会計システムのマスタを整備を進めている佐々木まるおです。おはようございます。

今日は2016年10月1日から適用開始になるリハビリの減算規程(100分の90)について書いておきます。まだ準備していない人も、僕の方にすっかり忘れてしまった人もしっかり確認しておきましょう。

f:id:sasakimaruo:20160927231348j:plain

H003-4目標設定等支援・管理料から確認しましょう

ますはスタンダードに診療点数早見表 2016年4月版を確認しましょう。524ページです。

1 初回の場合 250点(新設)
2 2回目以降の場合 100点(新設)

注 区分番号H001に掲げる脳血管疾患等リハビリテーション料、区分番号H001-2に掲げる廃用症候群リハビリテーション料又は区分番号H002に掲げる運動器リハビリテーション料を算定すべきリハビリテーションを実施している要介護被保険者等である患者に対し、必要な指導等を行った場合に、3月に1回に限り算定する。

脳血管疾患等リハビリテーション料の注6も確認しましょう

診療点数早見表 2016年4月版なら508ページです。

6 注1本文に規定する別に厚生労働大臣が定める患者(要介護被保険者等に限る。)に対し、それぞれ発症、手術若しくは急性増悪又は最初に診断された日から60日を経過した後に、引き続きリハビリテーションを実施する場合において、過去3月以内にH003-4に掲げる目標設定等支援・管理料を算定していない場合には、所定点数の100分の90に相当する点数により算定する。

つまり、H003-4目標設定等支援・管理料を算定していないと減点するよって事です。

245点×100分の90=221点です。。

もっともっと言えばリハビリは介護保険でやってね。って事です

ちなみに、廃用症候群リハビリテーション料なら512ページで運動器リハビリテーション料なら516ページです。似たような事が書いてあるので割愛します。

さらに通知に怖い事が書いてあります。

減算の減算があります。

(15) 「注6」における「所定点数」とは、「注1」から「注5」までを適用して算出した点数である。

脳血管疾患リハビリ(1)で書いておきます

  • 1日~60日 245点
  • 61日~180日 221点(245点×100分の90=221点)
  • 181日~ 106点(245点×100分の60=147点、147点×100分の90=133点、133点×100分80=106点)

要介護被保険者に対するリハビリは目標設定等支援・管理料を算定しないと245点が106点になってしまいます

基本的には運動器も廃用も同じですので算定本を参照の上確認して下さいね。