読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

言われた事さえも出来ない。決められた事さえも出来ない。

今回の新入社員に少々困っています。みんなができる事ができない。

僕が新人教育担当を開始した2年くらい前はよくある事でしたが最近はほとんど無かったです。

NG

言われた事さえも出来ない。

仕事をしていると、ゴールが10だとしたら5までをやってほしい事ありますよね?質問された内容に対し、答え(10)まで言ってしまうと伝わらないので途中(5)までを伝えるような時です。

今回、新人のAさんは電話問い合わせを患者さんから受けました。この内容はAさんでは回答できなかったので折り返しにしました。回答するために僕に報告をして助けてもらおうとしてきました。

僕は役所のレセプト担当に確認が必要なので、必要事項の確認をするように指示しました。その回答を待ってから患者さんへ返事をするからと伝えました。

つまり新人のAさんに「ゴールが10だとして5までをやってほしい」状態です。

Aさんは仕事ができない

僕は別件で20分ほど席を外しました。すると新人のAさんから「役所に確認して患者さんへ電話しました。そしたら患者さん、次の質問があったんですよ。で、わからなかったので折り返しにしました」とか言います。

(/・ω・)/

誰が患者さんに電話してって言った?

患者さんからの質問に対し2回も折り返しにする感性がわかりませんでしたが起こってしまったので次に進めようとしました。

まず指示した役所の回答を確認すると要領を得ません…。

役所の回答がよくわからないまま患者さんへ電話をしていたのです。自分がよくわからないのに患者さんに電話しても、患者さんはもっとわかりません。

よくわからない事をそのままにして患者に電話する感性も理解できません

happy

決められた事さえも出来ない。

こんな不思議さんは意外と多いです。

そんなに難しくもないマニュアルやルールを守る事ができない人です。

僕が新人担当になった時に大幅に教育内容を変更して誰にでもできる事を一定水準のレベルでやってもらうようにしました。大きなことを求めてしまうと重圧やプレッシャーに負けてしまう新人が続出してました。そして既存の社員もなんで自分と同じようにやらないんだという悪循環が発生していたのです。

細かいところまでマニュアルとして落とし込んでおけば9割くらいはちゃんとできるんですよ。そんなに難しいマニュアルやルールじゃありませんからね。パートのおばちゃんたちでもできるようにしてあります。

でも中には、簡単なマニュアルやルールさえも上手く実行できない人がいます。僕の次なる目標はその1割の有効な仕事方法を考え構築する事です。

下半期の目標です。

この1割の人間は面接では判断が難しいんですよね。いっしょに働いてわかる部分です。なので入職したからには頑張ってもらわないといけません。しかし他9割と同じようにはできない。雑務ばかりだとモチベーションが下がっていく。

ちょっと難しいミッションですがきっといい方法があると思うんですよ。会社も本人も満足できる最善の策が。これをクリア出来たら人材の有効活用として会社にもいいメリットになりますからね。