読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務の外部研修に参加します。古いなぁって思ったよ。

11月に医療事務の外部研修に参加します。

国保連合か社会医保険支払基金が主催のやつです。僕は勤務先における外部研修要員なので、いろんな研修に参加しています。

そんな中11月の外部研修の内容があまりにも古かったのでご報告です。

Moleskine Office

ユーキャンの医療事務講座かと思ったよ

11月の研修までに宿題がありました。

医療事務のレセプト能力向上や算定に対する考え方統一の研修なので、事前に宿題を与えておいて答え合わせを研修でやる事は悪い事ではありません。

しかし、宿題の内容がひどい。たぶん昭和からスタイルを変更していないんじゃないかな。

医療事務の学校に行ったり通信教育をやったことがある人ならわかると思います。

資格取得のためにやったことが、実務では直接役に立つことはありません。

今どき薬価を電卓で計算する医療事務や病院があるのでしょうか?

紙カルテ&伝票を使っている僕が働いている病院だって、いちおう医事会計システムはあります。

今どきレセプトを紙で書かせる研修の意味ってあるの?

ユーキャンやっている時に感じた不条理を久しぶりに感じました。

もう今どきこんな内容は意味ないんじゃないかな。

  • 病院情報
  • 患者基本情報
  • カルテの内容
  • 薬価表

これらの情報からレセプトを作成します。しかも嫌味なのか薬価が古い情報のまま。それぞれの病院の医事会計システムで入力できないように小細工がしてあります。

しかも完成した手書きのレセプトを事前にFAXするんですってww

うん…。

どんな研修でも研修する立場の意識改革が必要。

こんな古い形式で研修を行っても文句が出ないんでしょうね。それなりに料金もかかりますが満員ですからね。院内で行う会議や勉強会でもよく感じるのが、主催者の取り組み・やり方で身につくことがまったく違うという事です。

できることなら楽しく効率のいい方法で学びたいです。同じ内容の講義でも話し手が違うだけで全然違いますからねぇ。

今から期待できない11月の外部研修ですが終わったらブログに感想をかいてみます。

本日のまとめ

もう手書きのレセプトを使用している病院なんで無いんだから、資格講座含め昭和スタイルをやめてほしいですね。

いつまでも同じ方法で、同じようにやる事が正解ではありません。時代は変わるし正解は変わるのです。変わっていける勇気が必要ですね。

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com