読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

人事評価。男性医療事務の評価ってどうなの?2016年上期も「A」でした。

2016年度も半分が過ぎました。季節もすっかり寒くなってきました。どの会社でも人事考課や人事評価などの面談ってありますよね。僕は過去4社に勤めていますが全ての会社でなんらかの評価制度と面談がありました。

2016年度上半期の評価が出ましたのでご報告をしておきます。

f:id:sasakimaruo:20161025225721p:plain

2016年上期も「A」でした。

途中経過はブログで書いていましたが結果も「A」評価で確定しました。

これでボーナスの金額も上乗せです。下手に残業して消耗するより結果をだして「A」評価の方が金額が多いので僕はこの方がうれしいです。残業したほうがお得(?)みたいな制度は良くないですからね。

最大の評価ポイントは医事会計システムの移行作業が大きなトラブルもなく完遂したことでしょう。上半期は受付にも立たず、カルテも出さずに移行準備に勤しんでいました。おかげでレセプト電算処理システムについて超詳しくなりました。

下の画像みたいなやつです。詳しく知りたい人は支払基金のHPから確認してください。

f:id:sasakimaruo:20161025230546j:plain

レセプト電算処理システム|社会保険診療報酬支払基金

メンバーに変更があるみたい。

今回の面談で言われてびっくりしましたがメンバーの変更があるみたいです。僕自身は予想通り変更はありません。外来レセプトの取りまとめを中心に医事会計システムや査定減少するための教育なんかをおこないます。

今のメンバーは3名なんですがとてもよいチームとしてまとまっていました。残業も少ないし査定も減少しているので成果も上がってきています。そのメンバーがバラバラになるといわれました。

未経験から育て戦力になっている後輩がほかの仕事を担当するので悲しくもありうれしくもあります。

・佐々木まるお(リーダー) ・Aさん(経験3年) ・Bさん(経験2年)

新メンバーは平均年齢が大きく下がります

優秀な後輩2人がいたのでレセプト期間にインフルエンザになって休んでも、新医事会計システムの導入に伴いレセプト点検をほとんどやらなくても問題ありませんでした。基本的な作業は完全に任せていたので僕としても非常に助かっていました。

【関連記事】 www.office-iryoujimu.com

それが、Aさんはほかチームのリーダーとして、Bさんは入院担当へ異動となります。

そして新しく入ってくるのはレセプト経験のないCさんと4月に転職してきたDさんです。

・佐々木まるお(リーダー) ・Cさん(文書担当から異動) ・Dさん(4月に転職してきた経験者)

そして2人とも若い。おじさんには辛いなぁ。いままでの2人より5歳年下になります。

まぁこれから新しい2人にはがんばってもらいたいです。

下半期もA評価になるようにやって行きます。

連続A評価の記録が途切れないように日々結果を出していきたいと思います。

そしてやる気のなかった僕も少々気合を入れていかないといけなくなりました。