男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

Google翻訳が面白すぎる。これはスゴイ。

Google翻訳って使っていますか?僕はあの直訳感が嫌だったのであまり使っていませんでした。

海外旅行に行くときも別の有料アプリをスマホに入れていました。しかし新しくなったGoogle翻訳は素晴らしいの一言です。僕もさっそく遊んでみました。

d.hatena.ne.jp

Google翻訳はどこまで翻訳できるのか?実験1

さっそく実験です。公的な文章なら精度の高い翻訳ができます。厚労省医療保険のサイト一文です。

www.mhlw.go.jp

医療保険制度の長期安定を目指して

国民皆保険制度のもと、誰もが安心して医療を受けられる医療制度を実現し、世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準を達成してきた日本。少子高齢化、経済情勢の変化に対応し、これからも持続可能な公的医療保険制度を目指します。

これを英文にします。

Aiming for long-term stability of medical insurance system

Japan has realized the world's highest average life expectancy and health care standards by realizing a medical system that everyone can receive medical treatment with peace of mind under the national public insurance system. Responding to the declining birthrate, the aging of the population, and changes in the economic situation, we will continue to pursue a sustainable public medical insurance system.

さらに日本文に戻します。

医療保険制度の長期的な安定を目指して

日本は、全国公的保険制度のもとで誰もが安心して医療を受けることができる医療制度を実現することで、世界最高の平均余命と健康管理基準を実現しました。 出生率の低下、人口の高齢化、経済状況の変化に対応して、持続可能な公的医療保険制度を追求し続けます。

すごくないですか?意味通じますよね。むしろ再翻訳後の方がスッキリしている気がします。

「国民皆保険制度」 → 「全国公的保険制度」

「保健医療水準」 → 「健康管理基準」

「少子高齢化」 → 「出生率の低下、人口の高齢化」

「目指します」 → 「追求し続けます」

いやー。スゴイ。未来です。

ではブログのような崩した文章だとどうなるでしょうか?実験2

昨日のブログの内容を英文に変換してそれを日本語に戻してみます。どうなるのでしょう?わくわくw

日本代表オマーン戦の採点。「強化」試合だったのか?

今日も仕事をソッコーで終わりにしてサッカーをみました。松木さんじゃなかったので妻は興味がなくなったみたいですw

大迫選手がはじめしゃちょーに似ているってずっと言っていました。確かに似ていますが。

それではサッカー日本代表オマーン戦の採点をしてみたいと思います。

これが英文になるとこうなります。

Scoring for the Japan national team Oman match. Was it a "strengthening" match?

Today I also saw soccer by finishing work with Sokko. My wife seems to have lost interest because it was not Mr. Matsuki

I always said that Oosaku was similar to Shachi at the beginning. Surely they are similar.

Then I would like to score soccer Japan national team Oman game.

これをさらに日本語に戻します。

日本代表選手のオマーンの得点。 それは「強化」の試合ですか?

今日はサッカーとの仕事を終えてサッカーも見ました。 私の妻は松木さんではなかったので興味を失ったようです

私はいつも、大師は初めにシャチと似ていると言った。 確かに彼らは似ています。

それからサッカー日本代表オマーンの試合をスコアリングしたいと思います。

( ゚Д゚)

本日のまとめ

ブログの崩した文章はもう少し時間が必要ですね。

「ソッコー」を「with Sokko」に翻訳したから「サッカーとの」になりました。

「大迫選手」→「Oosaku」→「大師」になりました。大師って誰やねんw

「はじめしゃちょー」→「Shachi at the beginning」→「初めにシャチ」こちらも誰なんだw

結論。

はじめしゃちょーの事を「初めにシャチ」と呼ぶことにしました。

他にもニュースサイトなどいくつか実験しましたが。問題ありません。これで英文のサイトを読んだり調べたりするのが楽しくなりそうです。言語の壁が無くなっていきますね。