読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

レセプト点検だから忙しいって言う人は仕事ができない。

もう。これにつきます。僕はここ1年ほど社内社外にかかわらず「レセプト点検だから忙しい」とか「レセプト点検だから残業が増える」とか「レセプト点検だから大変」っていう人を意識的に遠ざけるようにしています。

だってそんな仕事ができない人と一緒に仕事したくありませんからね。

f:id:sasakimaruo:20161130225824j:plain

レセプト点検だから忙しいって言う人は仕事ができない。

医療事務をやっていると月末月初にレセプト点検業務が発生するのは誰でも知っていることです。レセプト点検時期は作業量は増えることは事前にわかっている事ですよね。

経験年数が多ければどれだけ自分がやればレセプト点検が終わるかなんてだいたいは把握できます。僕の病院では外来患者は毎月5000前後です。医師が急激に増えたり減ったりしないので、この数字は3年近く大幅な変更はありません。

折れ線グラフにすると微増しています。

なんで同じことやるのに時間の短縮ができないの?

事前に作業量がわかっていて、締め切りも10日とわかっているのに大変なんて言うんでしょうか。

何年も同じことやっているのに同じような時間が必要なんでしょう。レセプト点検なんてやればやるだけ知識も増えます。それなのに同じように残業するんです。

もうそんな人とは仕事一緒にやりたくありません。僕まで仕事遅い病がうつってしまいそうです。

医療事務なんだからレセプト期間は作業量が増えるのはあたりまえです。

僕は「レセプト点検だから忙しい」みたいなこと言って残業を平気でやるような人は仕事ができない人なんで近寄らないようにしています。そうやって仕事ができない人達でかたまって「残業仲良し同盟」でも組んでいればいいんです。

僕の下で働こうと思ったら結構大変な作業量です。たった2人で5000患者のレセプトを処理します。1人当たり2500枚。それをやりつつ他業務も並行して行います。もちろん残業なんて認めません。だって僕が早く帰りたいんですから。

人はやろうとすれば創意工夫でなんとでもできるようになります。実際、僕だって最初は40時間くらいは毎月残業していました。3年前に外来レセプト担当になったころは夜な夜な残業してレセプト点検していました。

それがイヤでイヤでイヤだったので日々作業方法に変更を加えていきました。いまでは残業なんてほとんどしません。今日11/30だって月末最終日だったけど5時に帰宅です。

医療事務経験4年の僕でもできるんです。やって出来ないって事は無いハズです。

続き

www.office-iryoujimu.com