読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

限度額適用認定証。月途中で後期高齢者になった時の限度額について。

限度額適用認定証って簡単なようで意外と多くの条件があったりますよね。医療事務をやっていると入院窓口で患者さんから質問されることも多くあります。なので医療事務員ならば基本的な内容はちゃんと理解しておきましょう。

今日はそんな限度額適用認定証について月途中で後期高齢者になった時の限度額(上限額)について書いておきます。

f:id:sasakimaruo:20161204230050j:plain

限度額適用認定証って正式には「限度額適用認定証」「限度額適用・標準負担額減額認定証」と2つに分かれています。これは

  • 限度額適用認定証:70歳未満の一般、上位所得の方
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証:70歳未満及び70歳以上ともに低所得にあてはまる方

という違いなんです。

まぁ今日の話には関係ないので無視してもらっても構いません。書き方も「限度額適用認定証」で統一します

僕は知らなかった。

外来診療費の計算をしている時に6000円って表示がでました。この患者さんは75歳。今日は化学療法をやったので点数にすると20,000点以上になります。でも後期高齢者なので外来の診療費には上限がありますね。

f:id:sasakimaruo:20161204231335j:plain

なので今回の金額も12000円になると思っていました。

それなのに6,000円の表示です。システムエラーが発生したのかと思いました。

月途中で後期高齢者になった人は半額の6000円になります。

そうなんです。この患者さんは外来の前日に75歳を迎えていました。

ざっくりと検索したので詳細な文言は発見できませんでしたが、北区のHPに掲載されていました。

月の途中で75歳の誕生日を迎えて後期高齢者医療制度に切り替わった場合や、後期高齢者医療制度への切り替えに伴い、被扶養者の方が社会保険などの医療保険制度を脱退して国民健康保険に加入した場合、その月における個人の自己負担限度額は下表の額の2分の1に引き下げられます。 高額な医療費がかかるとき(限度額適用認定証の交付)-北区HP

誕生日が何日でも半額になります。

これも文章で確認はできませんでしたが国保連に確認しました。いったいどこに書いてあるんでしょうw

誕生日が2日の人でも29日の人でも半分なんです。それがルールなのです。

後期高齢者になる人で医療費が高額になる場合は受診日を考えるとその月は半分の自己負担でOKになりますね。制度の抜け道です。まぁ、日割りにしなさいって言われても事務員は大変だしざっくりとしたルールでいいんでしょう。

そこまで診療日を考える後期高齢者がいると思いませんし。

まだまだ、知らない事がたくさんあります。これからも日々勉強していきます。

過去に書いた限度額適用認定証関連の記事です

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com