読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

日本の総務部は30~40年遅れている(日経)→日本の医療事務は30~40年遅れている(佐々木まるお)

日経におもしろい記事がありました。前職では総務部だったので多くの部分でわかる話でした。この話って医療事務でも同じことが言えるんです。

「日本の医療事務は30~40年遅れている」と断言しておきましょう。この遅れを取り戻せるのは僕たちしかいませんからね。

business.nikkeibp.co.jp

効率的に管理するプロ

社有車1つとっても、それを管理するには実はノウハウが求められるということです。アメリカでは、社有車を効率的に管理するプロがいるくらいです

そうなんです。ひとつひとつを徹底的に考える人が少ないです。

だから、100点のレセプト点検に1時間もかけてる人が出てきます。

病院機能評価の評価調査者(サーベイヤー)の募集要項がひどい

病院機能評価の更新年だったのでいろいろと準備をしていたわけです。それで評価調査者(サーベイヤー)について気になって調べていたら求人募集がありましたの。

事務管理サーベイヤー:

事務職であり、e)、f)のいずれかに該当する者

e) 病院の事務部長又は事務次長の経験者

f) 病院の事務部門の管理職を3年以上経験し、かつ医事・施設管理・労務のすべてに業務経験(管理職としての業務経験でなくても可)があり、かつ病院管理に造詣が深い者

この人たちが病院の事務のこと知っているとは思えません。

少なくとも僕の働いている病院では事務部長又は事務次長が評価者になっても意味はありません。だって事務部長又は事務次長も他業種・他職種からの転職組ですので実務について知っていることはほぼありません。

たたき上げで管理職まで勤めている病院もあるんでしょうけど。

もっともっと変えていきたい。

医療業界の動きって厚労省や医師会を中心に動きがのんびりです。IT業界なら1ヶ月でやるようなことも1年かけてやったりします。

事務部長又は事務次長くらいの人は60歳くらいなんです。もうベテランでいいんですけと。5年・10年も前の指南書?をそのまま使っていますからね。

僕は「前と同じ方法がいつまでも正しいとは思わない」派なので機能評価の評価方法も、レセプト点検方法もどんどん変わっていけばいいと思うんです。それでついてこれない人もいると思いますが、それはそれで仕方ないんじゃないかな。