男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

指の手術では詳記が必要と言われた話。マレット以外も狙われる。

指に対する手術って他の病院ではあまりやらないんでしょうかね。今月の査定・返戻を確認していたら「指」に対する手術をしている患者さんのレセプトに対し、症状詳記と手術記録と手術後X-Pの提出を求められました。

今日なそんな面倒なことになっている「指の手術では詳記が必要と言われた話」です。

finger

マレット指以外も狙われるようになりました。

以前書いたのですが、僕の働いている病院ではマレット指の病名に対して手術を実施した患者さんのレセプトに対して、症状詳記の提出を求められることが続出した過去があります。

あまりにも多かったので社会保険支払基金に問い合わせを行い聞き取り調査を行いました。

その結果、マレット指の病名に対し手術を行った患者さんのレセプトに対しては、全て手術記録と術後のX-Pを添付するようにして対応してきました。

関連記事

毎月、約5000患者の中から指に対する手術を実施した患者さんを抽出する

地味に面倒なんですよ。毎月5000患者さんのレセプトがある中から「マレット指」に対する手術を実施した患者さんを抽出する作業。

僕の働いている病院のレセコンがポンコツなんですかね?使用しているPCのスペック不足なんでしょうか。詳細はわかりませんが抽出するための時間が多く必要です。

パパッとやりたいんですけどね。

今月からは件数が増えます。

今までは「マレット指」に対する患者さんでしたが、今月からは「指」に対する患者さんになります。

対象者の拡大です。

  1. レセコンから対象者の抽出
  2. 紙カルテから手術記録のコピー
  3. 手術記録に不足があれば医師に詳記依頼
  4. 放射線科へ術後X-Pの出力依頼

これらの作業を毎月やります。

社会保険支払基金に対する要望

まぁ、これで査定が減るのであればコツコツとやりますけど。

指に対する手術に対してだけ手術記録・術後X-Pが求められるのは納得ができません。提出を求める理由が知りたいのに「審査医師からの要望です」「保険者からの依頼です」と一方的で事務的な回答のみ。

こっちは診療に対する対価(お金)が欲しいので言われるがままになります。「なぜ?」手術記録が必要なのか一文記載するだけでいいのに。一方的に「○○様の手術記録と術後X-Pを送付ください」って書かれても…。

なんだかなぁ。