読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

病院機能評価の更新でした。医療事務はマニュアルとか大変。

病院機能評価って知っていますか?僕は初めての作業でしたがいろいろと大変でした。

更新作業のためのマニュアル整備などいろいろとやったので今日はそんな病院機能評価について書いておきます。

病院機能評価とは?

病院機能評価は日本医療機能評価機構という組織で「医療の質の向上と信頼できる医療の確保に関する事業を行う公益財団法人」です。詳細が知りたい人はオフィシャルサイトをどうぞ

公益財団法人日本医療機能評価機構は、国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的とし、中立的・科学的な第三者機関として医療の質の向上と信頼できる医療の確保に関する事業を行う公益財団法人です。

jcqhc.or.jp

そんな公益財団法人日本医療機能評価機構が行っている事業のうちの一つに「病院機能評価事業」があります。

これは認定を受けた病院は「一定の基準を満たしている」「正しい運営をしている」と外部に示せる指標の一つになります。

病院のHPを参照すると以下のようなシンボルマークがある病院は認定を受けている病院ですので、病院選びの指標の一つになります。働いている病院は病院機能評価を受けているでしょうか?

病院機能評価では、病院の組織的活動を患者さんの目に触れない部分も含めて第三者として評価し、病院の優れている点や課題を明らかにします。 審査の結果、一定の水準を満たしていると認められた病院に対して認定証を発行します。 また、認定病院を対象に、救急医療・リハビリテーションの各機能に特化して評価する付加機能評価も行っています。

f:id:sasakimaruo:20170217230541j:plain

医事課としては何をやるの?

これは全部を書くことはできませんので気になる人は上記リンクから日本医療機能評価機構のサイトを参照してください。イヤになるほど細かく書いてありますw

すごく簡単に書いてしまえは「病院として医事課の運営は適切であるか?」を第三者から評価されます。

  • 正しい会計を行っているか
  • 正しいレセプトを作成しているか
  • 受付手順は適切か
  • カルテの保管方法に問題は無いか
  • 施設基準の届け出は適正か

などなど。

病院としても「今の方法でいいのか?」と振り返る機会にもなります。

とりあえず医事課全体でマニュアルの見直しと作業フローの確認をしました。

普段はなかなか手付かずマニュアルの細かいところまでチェックしました。個人個人でオリジナルのやり方をしていないか。マニュアルよりいい方法はないのか。そして変更があればマニュアルの変更作業をしました。

中には新しい仕事として増えたものはマニュアルが無かったりもしましたので新規でマニュアル作成をしたものもあります。これを

  • 受付
  • 会計窓口
  • 入院窓口
  • カルテ
  • レセプト

など、医事課の範囲分はすべて確認をしました。正直、気合いを入れて整備しましたのですごくいいマニュアルが完成しました。

まぁ、マニュアルなんて確認されませんでしたけどねw

当日は何をするの?当日は録音・録画はダメ。

当日は、病院の偉い人が対応するので普通の人はやる事はありません。普段と同じように仕事をしているだけです。

理由は納得できませんでしたが、病院機能評価では録音・録画が禁止されています。なので僕は書記として参加することを命じられました。ノートパソコンで評価中の会話を入力していました。

ブログを毎日書いていて良かったです。文章入力が他の書記よりも圧倒的にできました。

当日は調査員の人がやってきて良し悪しをヒアリング&見学で決めていきます。決算書なんかは細かいところまで突っ込まれていました。予算の根拠なども細かく聞かれていました。就業規則もいろいろ言われていましたね。

後は、書記として文章を整えて上司へ提出するだけです。あくまで書記なので議事録を作成する必要はありません。

結果は2ヶ月後らしいです。

はじめての機能評価でしたがいろいろと勉強になりました。書記として参加したので発言権はありませんでしたが経営陣が何を思って病院運営をしているか理解できましたし参加できてよかったです。

有効期限は5年なので次の更新時期には率先して動けるようにしておきたいですね。

2ヶ月後に結果が出るみたいなんで楽しみに待っています。