読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

どうしたらいいのか。なんて聞く必要はないです。答えは知っているでしょう。

最近「どうしたらいいですか?」的な相談が続いています。後輩もたくさん悩んでいるみたい。

でもね。「どうしたらいいのか?」なんて質問する意味はあんまりないですよね。だって、答えはもう知っているのだから。

Question

誰よりも活躍したいのであれば、誰よりもやるしかない。

最初に答えを書いておきますが、テクニックなんてものはテクニックでしかありません。誰よりも活躍したいのであれば誰よりもやるしかないんです。

そんなのは書くまでもありませんね。ヒットを打ちたければバットを振り続けるしかありません。レセプト点検のスピードと正確性を上げたければ誰よりもレセプトを見るしかないんです。

そして時間は有限なものだから、誰よりも生産性を上げる努力をすればいいだけです。ダラダラ作業時間をかければいいってものではありません。

レセプト点検何分かかってる?

レセプト1枚あたりの時間を算出したことありますか?僕のチームはこれを徹底させています。

外来のレセプトなんて、複雑なものや詳記が必要なものはそんなに多くはありません。もちろん病院の規模や担当診療科の振り分けなどいろいろありますが、僕のチームの場合は目安は100患者分のレセプトを15分としています。15分でレセプト点検を完了させるためにはいろいろなことを考えなくてはいけません。

まずは自分が普段行っているレセプト点検にどれくらいの時間が必要なのか確認してみるといいですよ。そしてその時間を短縮するためにはどうしたらいいのか、同じ時間で2倍の点検をするためにはどうしたらいいのかを考えます。

残業しないで作業量を倍増する方法をいつも考えています。

もうこれからの時代、長い時間をかけて仕事をするなんて難しくなってきます。

共働きの家庭も多いですし、両親の介護問題もあります。それに、新卒で入ってくる若い子たちに「長時間労働」はなんの魅力もありませんからね。

長時間労働の職場は避けられて人不足になっていくでしょう。

僕も長時間労働はイヤです。

どうしたらいいのか。なんて聞く必要はないです。答えは知っているでしょう。

自分が働いている病院の医事課くらいなら、ちょっとだけ努力すれば上位5%になれるでしょう。

自分より上にいる人を超えるためにはその人より多くの仕事を考えてクリアしていくだけです。

無駄な残業はやめましょう。無意味な長時間労働もやめましょう。5時に帰るけど圧倒的な仕事量をやりましょう。そうやって考えるだけでもかわっていきますよ。