男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

3月は人事考課の時期ですね。下半期の働き方を振り返ろう。

なんかあっという間に3月ですね。今年も残りは10カ月ありません。ビックリです。

そして3月と言えば年度末になります。決算の時期や人事考課の区切りの月になる病院も多いのではないでしょうか。僕が働いている病院でも3月はいろいろ締めの時期ですこの1年間何をしてきたか振り返ってみましょう。

Talking

3年連続「A」評価を取っています。

医療事務に転職して4年になりますが3年連続の「A」評価です。最初の1年は「B」評価。

1部上場の大手企業や優良ベンチャー企業だと優秀で能力・脳力がある人材がたくさんいます。出世競争も過酷です。場合によっては派閥争いに失敗して優秀だったのに行先のないどうしようもない人もいます。まぁ優秀な人が切磋琢磨しているから大手企業であり優良企業のポジションにいるわけですけどね。

でも地元に根付いた中規模病院の医療事務くらいなら話はだいぶ変わってきます。スピード感も違いますし、仕事に対するスタンスも大きく違います。そんな中で男性医療事務が頭角を現すのに時間は不要でした。

医療事務を長年やっているのに「B」評価でくすぶっているならば考え方を根本からあらためましょう。「A」評価なんて簡単に取れますよ。

あわせて読みたい「A」評価の関連記事

今年度にやったこと

今年度は診療報酬改定の作業に始まり、レセプト点検のフローを大きく変更して、査定率を大幅に減少させた年でした。細かいことはブログにちょいちょい書いていますね。

ブログに書いていない事も、もちろん、たくさんやりました。なので自己評価で考えたら今年度も「A」評価でしょう。しかし人事考課は悪魔が潜んでいますので上司評価は「B」になるかもしれません。こればっかりは上司が決める事なので面談をするまでわかりません。

特記すべきところはレセプト点検に関する時間を大きく減少させたのに査定率が減少した事ですね。ここを強く攻めたいと思います。

あわせて読みたい今年度やったことの関連記事

本日のまとめ

この1年間なにがあったか考えてみると良いですね。

人事考課で「A」評価を取るためにどうしたらいいか常に考えています。

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com