男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

なんか仕事が多いよ。ぜったいに多い。

4月になってリーダーとか言うわけのわからない役職を手に入れたのはいいけど、結果的には給料は上がらないし余計な仕事は増えるし良いことはない佐々木まるおです。こんにちわ。

さて、本当に仕事量が増えてまして僕の大好きなアフターファイブの楽しみが削られていく予感があります。今日のブログはどれだけ大変かって事を愚痴るためだけに書きます。

Cat

あー。猫の手も借りたいとはこのことだ。

なんか仕事が多いよ。ぜったいに多い。

僕は4月になってから仕事量が倍増しました。文字通り倍増です。

3月までの外来レセプト関係の仕事はそのままに、最近ブログに書いている入院担当業務とそれに付随する統計資料作成などが追加されました。その他にも査定や返戻などの分析や取り纏めなんかも地味に追加されました。

外来レセプトと入院レセプトを兼務しながら資料作成もして受付にも立つなんてなかなかのスーパーマンっぷりです。

問題なのは仕事を割振る人がいないこと

仕事には得意なことと不得意なことがあります。自分の弱みを知っていますか?

僕は事務員でありながら細かい作業が苦手です。伝票のチェックなんかもミスが多いです。出したら出しっぱなしだし、ボールペンもよく紛失します。なので僕の下には事務員らしい人を配置してフォローしてもらっています。

現状の問題点を発見したり、不具合がある場所を修正したり、時間が多くかかる作業を編集したりと、大まかな概要や道筋を作るのは得意みたいです。よく分からないままハッタリで言ってみることも多々ありますw

こうしたい!こうだったらいいのに!みたいな、ぼんやりした改善案を形にしています。

人が4人も辞めちゃったからね。

ある程度の形ができた後は僕以外の人がやってくれます。

ゼロから1をする作業と1から2にすること。2から10にすることはまったくの別次元ですからね。

それも3月末で4人も退職したらです。他の病院は知りませんが僕の働いている病院は離職率が高いんでしょうか?毎年たくさんの人が辞めていきます。4人の退職に伴い僕が病棟業務を追加されてしまいましたし、僕の下でいろいろとやってくれていた後輩も別の仕事が割り当てられました。

補充する人員がある程度の戦力になるまでには時間が必要でしょう。なのであと数ヶ月はギリギリの状態でやっていかなくてはいけないと思うとなんだかなぁとなるわけです。

本日のまとめ

残っている職員が疲弊しイヤにならないように少しでもフォローしていかないといけません。

あわせて読みたい関連記事