男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

Ⅳ型コラーゲン7Sが再開されました。

このブログでも書いていましたが慢性肝炎検査に使用されるⅣ型コラーゲン7Sの検査が中止されていましたが3月中旬より再開されていますね。僕の働いている病院でも4月1日より検査再開となりました。

中止になっている期間中患者さんへの影響は最小限でしたがゼロでもありませんでした。今回のように通常使用する可能性が高い検査は現場に混乱を招く可能性があるのでなるべく安定供給をしてほしいですね。

Orange & Green

Ⅳ型コラーゲン7Sが再開されました。

試験キットの供給量不足のため受託を中止していた検査会社がそろって受託を再開してきました。一部の検査会社ではまだ中止にしている可能性もありますが、僕が働いている病院では4月1日より検査再開の通知が検査課よりありました。

簡単にググるだけでは「なぜ薬販売メーカーから原料の製造遅延していたのか?」「なぜ遅延していたものが安定供給になったのか?」これらの疑問は解決しませんでした。

まぁ医療事務としては検査が再開されたという事が大事ですね。

医療事務として注意する事

検査が再開しているのであればマスタの修正が必要です。中止になったタイミングで算定間違いを起こさないようにシステム修正をしたハズです。これを元に戻せばOKです。僕が働いている病院では医事課でシステム管理をやっているので早急な対応が可能でした。

しかし、システム部門がある病院など他部署や委託で管理している場合は早めの修正依頼を行いましょう。

あとは、非常勤の医師など再開している事を知らない可能性があります。なので院内用に通知を作成したりして周知徹底をした方が良いですね。これも場合よっては看護師チームや検査部門で管理している場合がありますので、それなら依頼すればOKですね。

本日のまとめ

  • Ⅳ型コラーゲン7Sが中止していたが再開された
  • 試験キットの供給量不足だった理由は不明
  • 医事会計システムなどのシステム修正を行う
  • 非常勤医師や看護師にも周知徹底が必要

これくらいでしょう。

まぁ検査が再開されたのは良かったです。ヒアルロン酸検査が続出して査定が多くなると医事課としては困りますからね。

あわせて読みたい関連記事

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com