男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

病院で必要とされる男性医療事務員のゴールデンウイークの過ごし方。

今日は男性医療事務員のゴールデンウイークの過ごし方について書いおきます。

僕は意識高いレベル4(5段階評価)くらいの働き方をしています。そもそも医療事務として働く以前から人事評価だけは高いです。企業や会社で働くうえでの働き方についてコツみたいなものを得ているようです。

f:id:sasakimaruo:20160429171436j:plain

診療報酬についての勉強を半分くらいはします。

家族や自分の時間も大事ですが、医療事務の勉強の時間も確保しています。

これは2社目に働いていた時のベンチャー社長の言葉ですが、

「土日休みのうちで半分の半分くらいは勉強(自己啓発)時間にあてるだけで他の社会人との差がつく。世の中の大半は勉強(自己啓発)なんてしないからね。それ以上の時間を確保する人はその分の見返りがあるんだよ。」

「今いる君は他の24歳より劣っている面がたくさんあるかもしれない。偏差値の高い大学を卒業したわけではないし、大手の一流(と言われている)企業に就職しているわけでもない。でもそれは40歳の時点では大きく変えることが出来るんだよ。自分がどんな生き方をしたいかよく考えてみるんだよ」

みたいな事を教えてもらいました。

30歳を過ぎた今わかったことは社長の言葉は間違っていなかったという事です。

僕は高いレベルで成長しつつも家庭を大切にしたい。

なので、休みのうち半分の半分(4時間くらい)は自分の時間を大事にするようにしています。

本当はもっと自分の時間を確保すれば仕事の面での成長は大きくなるハズですが、生活の面でダメになる可能性が大きくなります。自分がどのくらい頑張れるか知っておくと良いですね。

最初は仕事の面で成長することが成功だと思っていましたので、可能な限り自己啓発の時間にあてました。

その結果、仕事の面では成長しましたが何かが物足りないのです。そして家族との時間を削ってまで成長したいとは思っていなかったって事です。ある一定期間、他の事を考えないで集中する事で物事の本質が見えてきます。

たまに行く家族旅行はとても楽しいですが、キャンピングカーなどで旅をしながら生活する生活は楽しくないかもしれません。

本日のまとめ

と言うわけで、医療事務で生きて行くと決めたのでゴールデンウイークのは診療報酬の勉強会にも参加してきます。このブログがあるのでアウトプットの機会もある事は僕にとってとても良いことです。

なので、半分くらいは医療事務の勉強する予定です。それ以外は家族と遊びます。ゴールデンウイークは家の事をゆっくりと改造して行く予定です。ホームセンターに入り浸りですね。

www.office-iryoujimu.com