男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

J201酸素加算が査定です。酸素価格の修正漏れ…。LGC。CE。ボンベ。

手術時や内視鏡時などJ201酸素加算を算定することは多いですよね。その酸素加算の点数は病院によって違うんですよ。知ってました?僕は昨年の診療報酬改定の時に知りました。

そんな酸素加算ですが4月分のレセプトで請求した分が全部査定となりました…。200件近い査定です。

Oxygen

J201酸素加算が査定です。酸素価格の修正漏れ…。LGC。CE。ボンベ。

悲しかったというかびっくりしました。

社会保険支払基金の担当者から電話がありました。内容は「酸素価格が厚生局に届け出たものとレセプトで差異があるので確認してほしい」でした。

冷や汗ダラダラでした。まさかそんな訳ないでしょ!と思い事実確認を急ぎました。

確認することは2つ!

まずは「酸素の購入価格に関する届出書」を地方厚生局に提出した部署に原本を確認し、「酸素の購入価格に関する届出書」に記載した数字を提出した担当者に数字の根拠を確認しました。

こちらは正しい処理が行われていました。

では疑うべきはもう一つです。マスタ修正を行う必要があった担当者へヒアリングです。

担当者は変更したつもりでいた。

犯人はマスタ修正を行うべき人が「忘れていた」ために起こった出来事でした。

いろいろ思うところはありますが、医事課の上司も含めたミスですね。担当者がマスタ修正をやったものと思い込んでいたのも、総務課と医事課の上司もチェックする作業を怠ったからですね。

本日のまとめ

社会保険支払基金からの電話が終了して事実確認が済んだころに国保連合会からも同じ内容で電話がありましたw

  • 酸素の価格は病院によって違う
  • 酸素の価格は「酸素の購入価格に関する届出書」を地方厚生局に報告する必要がある
  • 提出する数字は今回分については2016年1月~2016年12月までの実績値。
  • その実績値を基に2017年4月~2018年3月までの酸素価格が決定する
  • 来年は忘れ内容にチェック体制を構築します。

詳しく知りたい人は診療点数早見表を確認してください。610ページです。