男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

K721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法(1臓器につき)について

今月の査定情報です。査定の一覧を分析をしているとK721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法310点の査定がありました。

計算時に間違えており、レセプト点検でも発見できないというダメダメな査定でした。計算担当者が勘違いをしていたので一緒に勉強しました。

f:id:sasakimaruo:20160601215326j:plain

K721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法(1臓器につき)は算定できません。

まずは結論から書いておきます。K721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術におけるD414内視鏡下生検法(1臓器につき)は算定できませんね。これは手術の通則書いてあります。診療点数早見表の616ページです。

4 手術当日に、手術(自己血貯血を除く。)に関連して行う処置(ギプスを除く。)の費用及 び注射の手技料は、術前、術後にかかわらず算定できない。また、内視鏡を用いた手術を行う 場合、これと同時に行う内視鏡検査料は別に算定できない。

なのでK721内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は手術の項目になるのでD414内視鏡下生検法(1臓器につき)310点は算定できません。

ちゃんと診療点数早見表を読んでいれば間違いはなかった。

そうなんです。診療点数早見表を読まないからミスが発生します。

確かにあんな分厚い本を読みこむのは大変ですけど、それが医療事務の仕事ですからね。頑張りましょう。

www.office-iryoujimu.com

大事なのはミスを繰り返さない事

間違えて査定になったものは仕方ありません。大事なのはこのミスで自分の能力に気がついて勉強をし続ける事です。

生検の査定310点なんて教育代と考えれば安いものです。

数年後に戦力になってくれたら嬉しいですね。