男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

5月分のレセプトも終わりですね。集計した数字が間違っていました。

5月分のレセプト点検も終わりですね。お疲れ様でした。僕はレセプト点検以外にも仕事が増えたのでまだバタバタしていますが、なんとか残業も最小限で頑張りました。

そんな中、新規に受け持った仕事の中で大きな間違いがあったので困りました。

f:id:sasakimaruo:20170608215757j:plain

言われたことを言われたようにやるだけじゃ意味はない

前任者の退職に伴いレセプトの数字を集計する仕事に任命されました。レセプト点検も終わり総括に入ります。どこの病院でもさまざまな集計資料を作成していると思います。病棟別、診療科別、医師別、時間帯別、診療区分別など病院によって細かな違いはありますが、分析資料は作成し経営判断をしているでしょう。

で、そんな中、一部の資料作成は数年前から作成方法を間違えているのを発見しました。

僕は前任者に「この集計方法は間違っていませんか?」「この数字は何を知るための数字なんですか?」と聞きましたが、もちろん前任者は答える事はできません。

担当業務には「なぜ?」が必要でしょう。

  • 自分のやっている仕事は最終的にどうなるんだろう?
  • この数字の意味はなんだろう?
  • どうしてこの数字は必要なんだろう?
  • このやり方を続けける意味はあるのだろう?

これは仕事をする上では当然のことだと思いますが、じっさいそうじゃない人も多いですよね。

今回のようにさまざななデータを集計し新しい資料を作成する時はその資料や数字が何を意味するか考える必要があります。上司に提出をした後にどのような使われ方をするのか聞くのはいいことです。

もっといい方法がある。効率よくする方法はある。

前任者から教えてもらった方法が正解とは限りません。時間は有限ですのでなるべく有効に使っていきたいですね。

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com