男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

外来化学療法加算を算定できる抗リウマチ薬について。関節リウマチ。

リウマチ科の医師が変更になるたびに治療法が大きく変更になります。リウマチ薬の種類も変更になるのでその度に勉強する必要があります。

しかも院内注射で抗リウマチ薬を使用すると外来化学療法加算を算定できる薬剤もあります。全部算定出来たらいいのですけどね。今日はそんなリウマチ科で実施する注射薬についてです。

Injection, Inject

関節リウマチ疾患に対する外来化学療法加算とは

まずは外来化学療法加算についておさらいをしておきます。化学療法加算には1と2に分けられていて、さらにAとBに分類されています。そんな中で関節リウマチ疾患に対する外来化学療法加算が算定できるのは「B」になります。

イ 外来化学療法加算1

 ( 1 ) 外来化学療法加算A
   ① 15歳未満 820点
   ② 15歳以上 600点
 ( 2 ) 外来化学療法加算B
   ① 15歳未満 670点
   ② 15歳以上 450点

ロ 外来化学療法加算2

 ( 1 ) 外来化学療法加算A
   ① 15歳未満 740点
   ② 15歳以上 470点
 ( 2 ) 外来化学療法加算B
   ① 15歳未満 640点
   ② 15歳以上 370点

外来化学療法加算を算定できる抗リウマチ薬とは

これも診療点数早見表にかいてありますね。

外来化学療法加算Bは、次に掲げるいずれかの投与を行った場合に限り算定する

  1. 関節リウマチ、クローン病、ベーチェット病、強直性脊椎炎、潰瘍性大腸炎、尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬又は乾癬性紅皮症の患者に対してインフリキシマブ製剤を投与した場合
  2. 関節リウマチ、多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎、全身型若年性特発性関節炎又はキャッスルマン病の患者に対してトシリズマブ製剤を投与した場合
  3. 関節リウマチの患者に対してアバタセプト製剤を投与した場合
  4. 多発性硬化症の患者に対してナタリズマブ製剤を投与した場合

抜粋すると関節リウマチ患者に対して

  • インフリキシマブ製剤
  • トシリズマブ製剤
  • アバタセプト製剤

を使用した場合に外来化学療法加算Bの算定が可能です。

もう少しわかりやすく書いておきます。

インフリキシマブ製剤なんて書いてあっても薬剤師じゃないので、なにそれ?って感じですよね。僕も最初はわかりませんでしたw

なので、一覧にしてみました。関節リウマチで使用する生物学的製剤は全部で7種類あります。その中で外来化学療法加算Bを算定できるのは3種類です。

  • インフリキシマブ製剤(レミケード)
  • トシリズマブ製剤  (アクテムラ)
  • アバタセプト製剤  (オレンシア)

これら3種類を使用した時は外来化学療法加算Bを算定してください。

逆に以下4種類は外来化学療法加算Bの算定はできません。査定になりますので要注意です。

  • エタネルセプト    (エンブレル)
  • アダリムマブ     (ヒュミラ)
  • ゴリムマブ      (シンポニー)
  • セルトリズマブ・ペゴル(シムジア)

外来化学療法加算Bは外来ではなかなか高得点なので漏れないようにしっかりと算定して行きましょう。

www.office-iryoujimu.com