男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

副木を月2回算定したら症状詳記があっても査定でした【査定情報】

今月の査定の中に副木の査定がありました。副木やギプスって意外と査定対象になりますよね。

診療点数早見表にも明確な上限回数が決めれているわけではありませんので審査機関が大好きな「医学的判断」が通用します。今日はそんな副木の査定について書いてみたいと思います。

photo.JPG

副木を月2回算定したら査定でした。

まずは診療点数早見表を確認しておきましょう。副木は828ページです。

056 副木

(1) 軟化成形使用型
① 手指・足指用 副木・F10-a-1 2,630円
② 上肢用 副木・F10-a-2 1,740円
③ 下肢用 副木・F10-a-3 4,610円
④ 鼻骨用 副木・F10-a-4 1,010円

(2) 形状賦形型
① 手指・足指用 副木・F10-b-1 121円
② 上肢用 副木・F10-b-2 403円
③ 下肢用 副木・F10-b-3 701円
④ 鼻骨用 副木・F10-b-4 5,050円

(3) ハローベスト(ベスト部分) 副木・F10-c 258,000円

(4) ヒール 副木・F10-d 363円

いわゆる材料と言われるものですね

そしてこのように書いてあります

ア 副木は、その患者のみの使用で消耗する程度のものに限り算定することができる。他の患者に対し何回も使用し得るもの又は器具と認められる副木について算定することは認められない。

今回査定されたのは手指・足指用の副木です。

内容としては

  1. 初回算定から2週間後に再度算定。
  2. 午前中に算定し時間外に再来院し再度算定。

どちらの場合も月2回の算定と言うことで査定がありました。

もちろん審査機関の支払基金へ確認を行いました。

すると回答は

  • 副木は基本的に1患者の同一疾患に対しては1つの算定となる。
  • 再度算定する場合は1ヶ月以上間隔をあける必要がある。

だそうです。

今後の対応方法。

もう査定になってしまったのは仕方ありませんね。しかし今後の対応としてはギプスや副木など固定する必要があったに月1回以上を算定する時は注意喚起のアラームが発生するようにしました。

またどうしても同部位に2回以上算定する時は必要理由を必ず書くようにしました。

今月の査定率も0.1%以下なので良かったです。今後はこのような細かい査定をどれだけ減らしていけるかです。