男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

ストレスチェックは名前を書かせる!こんな職場になったら良いのになぁ。

厚生労働省のストレスチェック制度のために院内でもアンケートのようなものを書かされました。

この制度について良いのか悪いのか。僕にはわかりません。でも個人名を書かせる時点で本当の心理を探るのは無理ではないでしょうかね。だいたい、職場に不満を持っている人がアンケート形式のチェックリストで悪い事を書くとは思えません。悪い結果だと産業医による面談が就業時間内に必要になるそうです。ますます立場が悪くなるじゃないか!

本当はストレスチェックなんでやる必要のない社会が一番なんですけどね。と言うわけで、本日は「こんな職場を目指している」話です。

f:id:sasakimaruo:20160711214820j:plain

ストレスチェック制度 平成27年12月より施行のストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげる取組です。

www.mhlw.go.jp

くらい雰囲気の職場はやめたい。真面目すぎるのはやめたい。

僕の働いている医事課の上司です。仕事中は集中してやらないとイライラするタイプの人間なので、下にいる部下たちはお通夜みたいな空気の中で仕事をしています。

その上司が会議などで不在の時は明るい職場が戻ってきます。必要以上のおしゃべりは悪いかもしれませんが、ある程度の息抜きは必要でしょう。

サッカー選手だって試合中ずっとダッシュをすることはできません。歩いたり立ち止まったりしてチャンスの時には猛ダッシュします。

全員が向上心を持って仕事をする事をやめたい。

今の主任は向上心が無い人や自分で勉強できない人が嫌いみたいです。なので、診療点数早見表を読まない人や、いつまでたっても質問ばかりの人には厳しいです。

でも医療事務の仕事で向上心を持ち続けるって難しいです。医療事務なんて大半の仕事が患者さん対応(受付)やカルテ関係です。いつも刺激的で感性豊かな仕事ではありません。

中には残業なんてしたくないし、向上心なんてありません。って人もいます。仕事は職場に迷惑がかからない程度にはやりますがそれ以上は家族や自分の時間を大事にしたい。って人です。

そんな人を認めてあげる事が今後の働き方には必要だと思っています。

仕事はつまらないけど会社は楽しい。

簡単にまとめてしまえば、この言葉になります。「仕事はつまらないけど会社は楽しい。」

転職して医療事務を選択している時点で「やりがい」とか「自己実現」とか言ってもウソなんですね。医療事務は患者さんからクレームが入るし、病院内では身分が低いし良い事はありません

ならば、医療事務の仕事は苦痛だけど職場は楽しい方が幸せですからね。

面接で医療事務はつまらないけど病院は楽しいよ。って言えるようにしていきたいと思っています。