男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務なら知っておきたい医療の人工知能(AI)の進化。

現在の医療事務の仕事はそう遠くない未来にはほとんどの業務がロボットに置き換わるでしょう。そして現在は医師の専売特許である病名を診断するということもコンピューターが奪っていきそうです。

今日は国立がん研究センターと日本電気が発表した「内視鏡検査時にリアルタイムに発見する人工知能(AI)を用いた内視鏡診断サポートシステムの開発に成功」したニュースについて書いておきたいと思います。

'Artificial Intelligence'

小さな大腸ポリープだって人工知能(AI)なら発見できる。

healthpress.jp

monoist.atmarkit.co.jp

これらのニュースを要約すると以下のようになります。

  • 国立がん研究センターと日本電気はAIを用いて大腸がんや大腸腫瘍性ポリープを内視鏡検査時にリアルタイムで発見するシステムを開発した
  • 医師が発見できないような小さな大腸がんや大腸腫瘍性ポリープをリアルタイムで自動検知し、内視鏡医の病変発見をサポートできる
  • 約5000例の内視鏡画像をNECのAI技術に学習させ、新たな内視鏡画像を解析したところ、がん発見率は98%だった
  • 大腸ポリープの表面の微細構造をAIに学習させれば、大腸ポリープの質的診断や大腸がんのリンパ節転移の予測も可能

機械が得意な分野は機械に任せた方がいい

どんな優れた医師だって5000枚の内視鏡画像を記録(記憶)することは不可能です。

同じ理由で大量の論文を読み込むことだってコンピューターにはかないません。僕らが頑張って本を読んでいる間に覚えた事だってコンピューターなら一瞬ですからね。

医療事務員必須の診療点数早見表だってコンピューターにはすべてインプットされています。記録(記憶)するということに関してはコンピューターの方が圧倒的に得意分野です。

将棋だって人工知能(AI)の進化は著しいです。

僕は人工知能(AI)の進化にワクワクしています

僕が大腸内視鏡検査をやるのであれば大腸腫瘍性ポリープを内視鏡検査時にリアルタイムで発見するシステムが導入されている病院でやりたいです。

医師のことを信用していないのではなくて同じことを同じように察知する能力はコンピューターの方が優れているからです。このシステムが進化して胃内視鏡や他の検査まで対応できるといいですね。