男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医師の52%が「国民皆保険は破綻する」!僕もこのままじゃいけないと思う。

医療事務なら敏感になりそうなニュースでした。日本での医療を支えている医師がの52%が国民皆保険制度の破綻を予想しています。増え続ける医療制度を医療現場からの視点で難しいと考えている医師が過半数を超えていました。

僕も本当にそう思います。そして破綻を食い止めるにはどうしたらいいのか考えてみる必要があります。

医師の52%が「国民皆保険は破綻する」と書いてあるニュースサイト

biz-journal.jp

医療って面白い成長分野なのに国がストップさせているんですよね。

日本の医療制度は国が一方的に収入を決めてしまう制度となっています。診療報酬改定なんて最たるものですね。この制度が良いか悪いかの議論は別の機会にするとして、皆保険制度も診療報酬改定も全部、国が主導であれこれとやっています。

日本は世界でも類をみない超高齢化社会に突入しています。しかもこの高齢者たちは僕たちの世代より圧倒的にお金も持っています。医療分野も介護分野も素人が考えたってわかる成長分野です。

医療でも他の人より10倍の金額を払うからより良いサービスが欲しいって人もいるんです。今では有料室などのオプションくらいしか差がつきません。手術だって検査だってみんな同じ料金です。若手の研修医でもベテランの医師でも同じだし、ボロボロ検査機械でも最新機種でも同じ料金です。

収入が大きく伸びない構造になっている

医師になれる人って人間としての能力は高い人です。僕はどんなに頑張っても医師にはなれません。それなのに収入はどこの病院に行っても大きな差はありません。これは看護師も技師も医療事務だって同じことが言えます。

医師の中でもすごい人もいればあれ?って人もいます。

すごい人はすごい人なりに収入を得る方法があればもっと医療業界は盛り上がると思うんですけどね。

本日のまとめ

このままでは国民皆保険制度は難しいでしょうね。患者負担を増やしたりして財源確保に動いていますが効果的とは言い難いです。健康保険組合も赤字です。

www.office-iryoujimu.com

でも選挙では高齢者が多いのでどうしても高齢者を優遇した制度をやらざるを得ません。本当は高齢者が躍起になってお金を循環させないといけないんですけどね…。難しいです。