男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

サッカー日本代表オーストラリア戦の採点。ワールドカップ出場決定!

やった!勝ちました。サッカー日本代表はオーストラリア代表と対戦し2対0で勝利しました。その結果2018年のロシアワールドカップへの予選を1位通過しました。うれしい!!

なので、今日はオーストラリア戦のサッカー日本代表の採点をしてみたいと思います。

Soccer Balls

2017年8月31日(木)19時35分 オーストラリア戦の日本代表のスタメン

  • GK  川島 永嗣
  • DF  昌子 源
  • DF  吉田 麻也
  • 右DF 酒井 宏樹
  • 左DF 長友 佑都
  • MF  長谷部 誠
  • MF  井手口 陽介
  • MF  山口 蛍
  • 右FW 浅野 拓磨(後半44分OUT)
  • 左FW 乾 貴士(後半30分OUT)
  • FW  大迫 勇也(後半42分OUT)

途中出場

  • 原口 元気
  • 岡崎 慎司
  • 久保 裕也

オーストラリア戦の採点

  • 監督  ハリルホジッチ 8点
  • GK  川島 永嗣 6点
  • DF  昌子 源 6点
  • DF  吉田 麻也 6点
  • 右DF 酒井 宏樹 6点
  • 左DF 長友 佑都 6.5点
  • MF  長谷部 誠 5点
  • MF  井手口 陽介 8点
  • MF  山口 蛍 7点
  • 右FW 浅野 拓磨 7.5点
  • 左FW 乾 貴士 7点
  • FW  大迫 勇也 7点

途中出場

  • 原口 元気 6.5点
  • 岡崎 慎司 採点なし
  • 久保 裕也 採点なし

IMG_3691

佐々木まるおによる一言コメント

スタメン

監督 ハリルホジッチ 8点

ワールドカップ出場と言う最低限のノルマをしっかり達成してくれました。そして井手口選手と浅野選手などの若手を先発起用して世代交代も確実に進めています。

GK  川島 永嗣 6点

危ない場面が多かったわけじゃありません。しかし最後まで集中力を切らさないで0点抑えてくれました。

DF  昌子 源 6点

目立った部分はありませんでしたが最後までしっかりと戦い0点に抑えられた部分を評価しました。

DF  吉田 麻也 6点

最後までディフェンスラインを統率していました。オーストラリア相手にも高さでも負けていませんでした。

右DF 酒井 宏樹 6点

浅野選手との連係ミスが目立ちました。しかし攻守にわたり存在感がありました。フランスでの成長を感じました。

左DF 長友 佑都 6.5点

ベテランらしく良い流れで試合を読んでいました。そして貴重な先制点のアシスト。得点が欲しい時間に粘って良いセンタリングでした。

MF  長谷部 誠 5点

今日の試合はケガ明けの影響なのか水が目立ちました。勝ってワールドカップ出場となったので騒がれていませんが、負けたり引き分けていたら責任重大になるところでした。最後までキャプテンシーを発揮していました。

MF  井手口 陽介 8点

今日のプレーは最高評価じゃないでしょうか。あれだけ走って攻守に顔を出せるとインサイドハーフとしては適任者でしょう。そして試合を決める2点目です。最年少が最高のシュートでした。

MF  山口 蛍 7点

攻守にわたり長い距離を走る事ができるのでオーストラリアの選手は捕まえることが出来ていませんでした。井手口選手とのコンビはこれから格上と戦う事を想定しても外せない選択でしょう。

右FW 浅野 拓磨 7.5点

いろいろ言いたいことはありますがフォワードとして貴重な先制点をとってくれました。やっぱりフォワードは得点をとったら正義です。

左FW 乾 貴士 7点

豊富な運動量。攻守にわたり貢献してくれました。前半30分くらいの右サイドからの左足のシュートから空気が変わったような感じがあり結果的に浅野選手の先制点につながったと思います。

FW  大迫 勇也 7点

しっかりとしたポストプレーでボールを収めてくれました。フォワードの位置でボールが収まるので4人の選手が上がる時間を作れます。

途中出場

原口 元気 6.5点

短い時間でも攻守に存在感を示してくれました。2点目の時は原口選手が潰れ役になってくれたおかげで井手口選手が上手く入り込めました。陰のアシストです。

最低限の目標だったワールドカップ出場が決定です。

とりあえず今日は喜んでおきましょう。次のアウェーサウジアラビア戦は消化試合です。ハリルホジッチ監督がどのような選択をするかわかりませんが今日のフォーメーションを軸に新しい選手を試してほしいです。

次のサウジアラビア戦は2017/9/6(水)2:30キックオフです。日本だと平日の深夜時間帯なので観戦する人は少ないかもしれませんが僕は起きています。次も楽しみですね!