男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

介護医療院が新設!医療療養病棟はどうなる?【H30年診療報酬改定情報】

先日に続き診療報酬改定について書いておきたいと思います。僕が働いている病院では医療療養病棟もあります。この医療療養病棟は診療報酬改定のたびに議論がなされています。A101療養病棟入院基本料ですね。

今日はそんな医療療養病棟に変わる介護医療院なるものが新設されそうですのでご報告です。

f:id:sasakimaruo:20170924225945j:plain

そもそも介護医療院ってなに?

介護医療院は第144回(H29.8.4)社保審-介護給付費分科会の中で記載された内容【http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000174013.pdf】になります。

※PDFは重いのでデータ量に注意してくださいね。

なぜ介護医療院なんてものが新設されるの?って疑問になりますよね。すごーく簡単に経緯をまとめると以下のようになります。

  • 2006年厚生労働省から介護療養病棟は2011年度末で廃止と通達

  • 背景としては「医療の必要性の高い患者と低い患者が同じ比率で混在する」することへの対応

  • 医療措置の必要性の低い患者は介護保険(介護老人保健施設)などへ
  • 医療措置の必要性の高い患者は「医療療養病床」にスライド

  • しかし「介護老人保健施設」などへ移行が進まず改正を2017年まで延長

  • しかし「介護老人保健施設」などへ移行が進まず改正をさらに2023年まで6年延長予定(移行期間) ← 今ここ

もう少し詳しく知りたい人は以下をどうぞ。

f:id:sasakimaruo:20170924232914j:plain

f:id:sasakimaruo:20170924232945j:plain

f:id:sasakimaruo:20170924232918j:plain

強引に推し進めるために新設させたのが介護医療院

まずね。僕が言いたいのは名前がダサい!ことです。ネーミングセンスが無いんだよね。まぁ内容には関係ないので割愛します。

今回の資料の中に書いてありました。介護医療院!

平成29年度末に設置期限を迎える介護療養病床等については、現在、これらの病床が果たしている機能に着目し、今後、増加が見込まれる慢性期の医療・介護ニーズへの対応、各地域での地域包括ケアシステムの構築に向けて、地域の実情等に応じた柔軟性を確保した上で、その機能を維持・確保していく

f:id:sasakimaruo:20170924233508p:plain

ここにも書いてありました。地域包括ケアシステムの構築!これを軸に考えているんですね。

本日のまとめ

診療報酬改定の情報が多く出てきます。自分の働いている病院に必要な情報をまとめておく必要がありますね。僕は昨日書いた地域包括ケア病棟の担当でしたので詳しく追っています。

でも一般病棟に業務変更になったのでどうしたらいいんだ?聞いたら両方やれって言われるか…。しかし診療報酬改定にかかる施設基準のプロジェクトチームにも抜擢されていますので全体的に追っていく必要もあります。

一般病棟についても記述がありましたので今度書いてみたいと思います。

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com