男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

本人がわかっていても「あなたが悪い」って言う事も重要だよね。

僕は基本的に言いたいことは行ってしまうタイプです。それが新人であっても上司であってもです。

今日は「お前が悪い」って本人が理解していても言ってあげることも大事なんじゃないかなって話です。

Bad Robot

大丈夫だよ。なんて軽々しく言うのが優しさなのかな

スポーツやチーム競技の方がわかりやすいですね。リレーで転んでしまったとか絶対に犯してはいけないミスをした結果チームが負けてしまった。みたいなことです。

営業が契約目前の案件をプレゼンに寝坊してダメにしてしまう。みたいな。なんか違うかも?

医療事務で言うなら、コメントを入れないと査定になってしまう検査があるのに、うっかり漏れてしまい査定になってしまった。とかです。

ちょっと例えが難しかったのですが、誰がどう見ても悪い人がハッキリしている場合です。

言ってあげる愛情もあると思います。

そんな時に「大丈夫だよ」とか「頑張った」みたいなセリフとともに次頑張ればいいよ!なんて言う人が多いですね。上司に怒られていた人の対応も似たようなもんです。

本人も理解して反省もするでしょう。同じミスをしないように注意もするでしょう。

そんな時に本人がわかっていても「あなたが悪い」って言う事も重要だと思うんですよ。

僕は言うし、言ってもらいたい。

大丈夫だよ!なんて軽々しく言われても本人としては「大丈夫じゃないでしょ。こっちはミスしたんだ!」って思って落ち込んでいるでしょう。

けんか腰でキツイ言い方をする必要なんてありませんが、「あなたが悪い。あなたのせいでリカバリー大変だった。叙々苑でもご馳走してくれないと割にあわない」なんて言ってもいいと思います。

僕が風邪でもこじらせて数日間休んだりしたら言ってもらいたいです。僕は急に休んで申し訳ないって思うでしょう。それなのに「具合はどう?」なんて言われるより「急に休んだから2倍働いて大変だった!残業して対応した!疲れた!ジュース買ってこい!!」って言われた方がありがたいです。

そんな言われたらそりゃそうか。ってなるのでお菓子も買ってお詫びをします。

それでスッキリしますからね。

普段から言いたいことは言っておくといいですね。

キャラクターもあるので難しい人もいるでしょう。でも言いたいことも言えないようだとストレスがたまります。

なので本人がわかっていても「あなたが悪い」って言う事も重要だよね。って話でした。