男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

いよいよ未来って感じですね。もはや僕たち医療事務はギリギリにいるのかもしれない。

僕はこのブログやTwitterを通じて医療事務の働き方について発信しています。コンピューターテクノロジー、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)等の情報伝達技術(ICT)がこれから発達するので今までの働き方は意味ないよね!医療事務なんてその最たるものですよね!

なんて事を発信していますが、今日はこれらの先進的なニュースは思っている以上に身近までやってきましたねって話です。

future

もはや僕たち医療従事はギリギリにいるのかもしれない。

business.nikkeibp.co.jp

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00050006-yom-bus_allheadlines.yahoo.co.jp

これらのニュースをざっくりとまとめると

  • 人を減らして機械化を進めるよ
  • そうすると利益はもっと増えるよ

って事です。

ゴールドマンサックスは600人のトレーダーを2人にしました。これって人間600人よりも人工知能(AI)の方が圧倒的に優秀って事なんですよね。また別記事ですがゴールドマンサックスは年齢も構成も素晴らしいです。

www.bloomberg.co.jp

スポーツ選手と同じような感じですね。仕事ができる20代から30代までが一番多い。報酬も一番高い。当然ですね。会社に一番貢献しているのですから。

株や為替を自動購買だけじゃない。医療でも未来はすぐそこまできている。

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com

これらの記事でも書いた通り大腸がんも糖尿病も人工知能(AI)を用いて発見できます。

これからは採血や採尿の検査数値と身体数値をもとに人工知能(AI)が適切な処方まで行ってくれる。なんてことも不可能じゃないです。医療現場に携わっていると「こんな医師には診察してほしくない」なんて思うことも多々あります。よね?

知らない病院に行って知らない医師に適当な診断や処方をされるために長時間待つくらいなら人工知能(AI)が数分で判断してくれる方がいい!って人は多いでしょうね。

厚労省も電子カルテへの促進なんて言ってないでAIの導入を促進すべし!

これ断言しますが絶対にやりません。少なくとも10年は動き出さないでしょうね。人工知能(AI)の方が医師よりも優秀なんてことはわかっていても認めないでしょう。医師会もあるし。医師の特権を自ら取り除く必要性はないですから。

人工知能(AI)が診察を行う(認める)なんて言ったら日本の医療制度は大きく変わりますね。今のままだとNTTデータや日立では勝てないです。GoogleやAmazonがこの分野でも力を出すでしょう。

外来診療が15分で完了するなんて未来だと思うんですけどね。病院は採血採尿など必要な検査をするだけ。あとはデータ処理してくれて必要な薬はAmazonの倉庫みたいな感じでオート。もちろんお会計もクレジット決済なので会計待ちする必要もない。

本日のまとめ。医療事務はどうする?

世の中の多くが人工知能に置き換わっていますね。もうこの流れは止められないでしょう。日本はどう考えても超高齢化社会になります。労働力の低下、社会保障の高騰。僕みたいな素人でもこのままじゃ良い未来は描けないことはわかりきっています。

今年度に医療事務の採用活動を行って人材不足を強く感じました。良い人を採用したければお金を出すしかないです。近隣の病院だけがライバルじゃありません。スーパーやコンビニなど他業種他職種と競合しています。

不要な人は大きく削減されます。ゴールドマンサックスの優秀なトレーダーでさえ2人ですからね。レセプト点検なんかどうなるかわかりきっています。みずほ銀行だってもともとは優秀な人でしょう。少なくとも僕はみずほ銀行で働くことはできません。

楽しい未来が待っていますね。頑張りましょう。

www.office-iryoujimu.com