男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

若年層における膝への関節腔内注射アルツディスポは詳記書いても査定です。

今月の査定情報です。タイトルにもある通り関節腔内注射の査定がありました。若年層における膝への関節腔内注射(アルツ)は詳記を書いても査定になりますので要注意ですね。

今日はそんな若年層における膝への関節腔内注射アルツディスポについてかいておきます。

f:id:sasakimaruo:20160525215000j:plain

結論、若年層における膝への関節腔内注射アルツディスポは詳記書いても査定

神奈川の社保は厳しいです。もともとアルツディスポを若い人におこなうと査定になる事は知っていました。過去に査定をくらったので。

しかし今回はちゃんとした理由がありました。なので医師とも相談をしてレセプト請求をしたんですけどね。もちろん症状詳記を添付しています。それでもダメでした。

査定理由はお得意の医学的に認められないという理由です。医学的判断。くそう。

アルツディスポの適応病名

ねんのためアルツディスポについても勉強してみました。まずは添付文書を確認しておくと適応病名は以下の通りとなります。

  • 変形性膝関節症
  • 肩関節周囲炎
  • 関節リウマチ

これくらいですね。

アルツディスポは膝や肩に実施するので、それ以外の「肘」などに実施していた場合は査定となります。以前査定がありました。

www.office-iryoujimu.com

20代で変形性膝関節症は医学的にありえません。

今回も詳しい理由が知りたかったので審査機関へ問い合わせです。すると「20代で変形性膝関節症は医学的にありえません」と言われてしまいました。

まぁ社会保険支払基金がそう言うのであればこちらとしてはそれに従うだけです。ダメと言ったらダメですからねぇ。病院としては言いたいこともありましたけどね。再請求したりする労力や時間の方が大きくなるので諦めです。

基本的には他の病院では実施しないと思いますがレセプト点検には注意していきましょう。

症状詳記を書いても若いという理由だけで査定になりますよ!

【関連記事】

www.office-iryoujimu.com